株式会社エス・エス・アイ

他人の意見に振り回されず、自分を信じられるようになりました

森 京子 さん
もりきょうこ さん/看護師
●使用プログラム

『ジョセフ・マーフィー・ゴールデンプログラム』、『SSPS-V2 システム』、『ナポレオン・ヒル・プログラム』

プログラム歴6年の森さんは、看護師として、医療の現場でプログラムを活用。心に響いたマーフィー博士の言葉を書いた紙を持ち歩き、ご主人と出会いました。

癒されて心地よくなるマーフィー博士の言葉

看護師の仕事に行き詰まりを感じ、ワラをもつかむような気持ちでプログラムを始めて以来、プログラム歴は6年になります。『ジョセフ・マーフィー・ゴールデンプログラム』は、インストラクターさんにマーフィー博士の本を薦められ、ものすごく感銘を受けて購入しました。マーフィー博士の言葉は、本来持っている自分の可能性を肯定してくれる。自分自身を信じられるようなメッセージを随所に感じられるので、心から癒されるのです。どんなにしんどいときでも、聴くと「また頑張ろう」と思えますね。いくつか持っているプログラムの中でも、一番よく聴いています。

プログラムの「奇跡」と「逆境の中の利益」を実感

マーフィー博士のプログラムの中では「奇跡が起こる」という言い方をしているのですが、奇跡というか、プログラムでいっていることを、身をもって体験できるようになりましたね。総合病院に転職して、忙しい現場についていけず、職場の人間関係が悪化した時期に、母の借金が発覚したのです。父は協力してくれないので、妹と二人で借金を返済するために奔走しました。さまざまな手続きは、すべて私が行い、当時の両親に対する気持ちは「憎しみ」以外の何ものでもありませんでした。だからなのか、プログラムの「人を許す素晴らしさ」というセッションに感じるものがあって、繰り返し聴くようになったのです。毎日コツコツと聴いていると、行動、というか、習慣が変わってきます。習慣、行動が変わると性格も変わる。少しずつ変わっていく自分を実感でき、そのセッションを聴くのが習慣になるころには、いつの間にか憎しみの感情がなくなっていました。ごく自然に、「もう、いいか」と思えるようになったのです。借金の肩代わりもしたし、「一生、恨んでやる」と思っていたのに(笑)。私の態度が変わったからなのか、ケンカをしなくなり、家族関係が良くなりました。家族関係が変わってからは、他人の意見に振り回されなくなり、人間関係そのもので悩むこともなくなりました。私の潜在意識が求めていたことだから、不思議ではないのかもしれないですけど、「奇跡」のように感じています。たった1年ですが、忙しい総合病院を経験して、それだけの技術は身につきましたし、自分のタイプに合う病院もわかった。まさに、プログラムの中にある「逆境の中の利益」ですよね。職場と家庭の人間関係で悩み、すべての努力が空まわりしているように感じていたのに、これらの出来事が決して無駄ではなかったと、思えるようになりました。

「速聴」の活用で、コミュニケーション力がアップ

これは「速聴」の効果だと思うのですが、「速聴」を始めて、1~2年後から直感が鋭くなり、患者さんの小さな変化に気づき、速い段階で対処できるようになりました。看護師にとって、これは、大きな収穫でしたね。以前だったら、うまくコミュニケーションがとれないので、険悪な雰囲気になったり、患者さんに耐えてもらっていたような気がします。それが、「私にいえばわかるから、呼んでほしい」と、患者さんにいわれるようになりました。患者さんとのコミュニケーションが円滑になり、時間短縮にもなるので仕事の効率も格段に上がりましたね。

夢を共有できる理想のパートナーと結婚

マーフィー博士の理想の人と出会えるフレーズが好きで、紙に書き写して持ち歩き、折をみて眺めていました。「こういう人と出会うんだ!」と。主人とは、八ヶ岳で行われた、プログラム・ユーザーのセミナーで出会いました。お互い、最初は何とも思っていなくて(笑)。私はずっと京都にいるつもりだったし、県外の主人との遠距離恋愛なんて、考えられなかったのですが、主人が熱心にアプローチしてくれて……。結婚するだろうな、という気持ちの塊があって、トントン拍子に結婚が決まりました。お互いがプログラムをやっているので、夢を共有し合うことができますね。まさに「理想の主人」です。住む場所も離れているし、職種も違うし、プログラムがなかったら、主人とは絶対に出会っていなかった。私は今、ものすごく神に感謝しています。

森 京子 さんからのワンポイントアドバイス

今の自分の状況に合わせて、「これだ!」と感じたものを選び、繰り返し聴く。プログラムの中の気に入ったフレーズは、日記や手帳などに書き写し、折に触れて眺めてみるのもおススメですよ。

その他の『ジョセフ・マーフィー・ゴールデンプログラム』の体験談

鳥居 優美子さん看護師

あきらめず、行動することの大切さを知りました

鳥居 優美子 さん

私は、幼稚園の先生か看護師になりたいと思っていました。それで、どちらも兼ねたような職場、小児科の看護師になりました。小児科にはガンの子どもたちもいて、思春期の真っ只中にある中学生の子どもたちが、相次いで命を閉じたことがあ...

前川久雄さん公務員

ただ聴くだけで、すべてに心豊かになり、夢がかないました

前川 久雄 さん

「内部の資格試験に合格したい」。この願いをかなえたいと、プログラムを始めました。インターネットでこのプログラムを見て、「潜在脳力」「願いはかなう」という言葉に、私のアンテナがピピッと反応したからです。私がずっと望んでいた...

川上 奈津実さんピアノ講師

自己否定感から、自己を解放で きなかった十代
「今のままの自分でOK」と認められるようになったら
ピアノを通した表現活動の世界も広がりました

川上 奈津実 さん

まだ音楽の専門学校で学んでいた五年ほど前、目指す演奏があるのに発表の場ではそれをまったく表現できず、友人からも「何か引っかかるような音色」と言われ悩んでいた時期がありました。人間関係でも、なぜかナチュラルに振舞えず、疲れ...

紫峰さん書道家

書も、プログラム活用も、基幹となるのは自分との対話
続ければ、日展入賞も〝遠い夢〞ではありません

紫峰(竹内 靖子) さん

私は十三年前から自宅で習字教室を開き、今は八十名近くに教えています。でも、かつては自分から動くタイプではありませんでした。書を始めたのも、知人に誘われて子供を習字教室に通わせ、その先生に勧められて。師範になりお教室を開い...

ジョセフ・マーフィー・ゴールデンプログラム

このUser’s Voiceは、当社のプログラムユーザーを対象に定期的に行っているアンケート調査に基づき、追跡調査として行った取材から、一部を、ご本人の許可を得て掲載したものです。プライバシー保護の目的から、ご本人の希望に従い、個人情報の一部を伏せておりますことを、お断りいたします。また、プログラム活用の成果には、個人差があります。

●「速聴」についてご注意

「速聴」は、株式会社エス・エス・アイの登録商標です。最近、「速聴」及び「速聴機」の類似品が出回っておりますが、 脳力開発とは無関係のスピーチなどを任意に選んで、それらを速く聞いたとしても、当社でいう脳力開発とは似て非なる ものであり、充分に吟味されたプログラムではなく、効果はありませんのでご注意下さい。

pageTop